日本で一番詳しい留学情報誌 スペイン留学完全マニュアル無料プレゼント!

スペイン留学に行く前に知っておきたい
7つのポイント

日本からスペインへ留学、研究または教師として渡航する人は
1,215名(外務省平成24年速報版)の方がいらっしゃいます。
その中のスペイン語留学をされる方が
スペイン留学7つのポイントを知らないために
「スペイン留学する前に期待していたのと違った…」
「必要以上に留学費用が高くなってしまった…」

といったような後悔しているお話をよく聞きます。

スペイン留学代行センターでは
日本からスペインに個人で語学留学される方の
3~4人に1人をサポートさせていただいています。

今回は、これまで1200人以上のスペイン留学生をサポートしてきた
スペイン留学代行センター代表の大槻がスペイン留学の準備を進める前に
知っておきたいスペイン留学7つのポイントをご紹介します。

ぜひ、あなたのスペイン留学の夢を実現させるために
お役立てください!


1. なぜスペインでスペイン語を学ぶのか?

スペイン語はスペインの他に中南米など20以上の国や地域で話されています。
スペイン語というくらいですから、スペインが本場です。
またスペイン語はカステジャーノと呼ばれることもありますが
南米ではカステジャーノは「本場カスティージャから受け継いだ正しいスペイン語」
という意味で使われることもあります。

留学費用を抑えるために中南米の方が物価も安いのではないか?
とお考えの方もいらっしゃいますが
国や都市によってはスペインの方が安いということもあります。

また短期留学の場合は留学費用全体の中で
航空運賃が占める割合が大きくなるのですが
中南米までの航空運賃の方がスペインまでの料金よりも
高額になることが多いです。

スペイン留学代行センターを利用される方の中には
将来、南米に留学または赴任される予定で
まずはスペインでスペイン語を身に着けたい
という方もいらっしゃいます。

スペイン語学校にはヨーロッパや北米、ブラジル、アジアなど世界中から
留学生がスペイン語を学びに来ています。
アメリカやイギリスなど英語圏の留学生がいるのも
スペイン語留学の特徴かもしれません。

英語留学で人気の街にある英語学校だと
日本人をはじめアジアの学生さんばかり
ということもあるようですが
スペインの場合、日本人割合は1~10%と低いです。

それだけ多くの国の留学生と交流できるのも
スペイン語留学ならではの魅力ですね。

大学生の方などは学校ではスペイン語を勉強して
放課後は英語圏の留学生と英語で話して
一石二鳥だったという方もいらっしゃいます。


2. どれくらいでスペイン語が習得できるのか?

2. どれくらいでスペイン語が習得
できるのか?

スペイン語の習得には個人差があります。
また留学前のスペイン語レベルやどれくらい積極的に授業に参加できるか?
など学習態度によって大きく左右されます。

スペイン語レベルは一般的にA1からC2までの6段階に区分けされます。
各レベルの受講時間の目安は下記のとおりです。

  • A1(入門)  :80時間
  • A2(初級)  :160時間
  • B1(中級)  :280時間
  • B2(中上級):400時間
  • C1(上級)  :520時間
  • C2(最上級):620時間

欧米の留学生は元々アルファベットを使用していたり
語源が似ている場合もあります。
そのため日本人留学生の方がスペイン語の習得に
より時間を要する傾向もあります。


3. スペインに渡航する際のビザ

スペインに留学する際には下記のビザがあります。

【ビザの種類】
観光ビザ:90日までのスペイン滞在の場合は観光ビザが必要です。日本国籍の方は観光ビザは免除されますので「ビザなし」と呼ばれています。

短期学生ビザ:91日~180日までスペインに滞在する場合に申請します。短期学生ビザを取得すれば
180日まで滞在できるというものではなく、学校に通う期間に準じた期間の滞在が許可されます。
現地での滞在期間の延長はできません。

長期学生ビザ:181日以上スペインに滞在する場合に申請します。長期学生ビザを申請する場合は
スペイン入国日より30日以内に学生証(Tarjeta de Estudiante)の手続きが必要になり、こちらの手続きが完了後に
最終的に滞在が許可されます。


観光ビザで90日滞在後または学生ビザを取得して滞在許可が切れた後、90日間はスペインおよび
シェンゲン協定域内に再入国はできません。
学生ビザを取得する場合、学校に通う期間に準じた期間の滞在が許可されると考えましょう。

そのため下記のようなことはできないので注意が必要です。

3ヶ月間留学して一旦帰国して1ヶ月経ってから再度3ヶ月の留学
留学終了後、1~2ヶ月ヨーロッパを観光する


4. スペイン語学校で受講するコース

スペイン語学校では初心者から上級者まで、あらゆるレベルの方に対応をしてくれます。
基本的には一般スペイン語コースを受講することになります。

一般スペイン語コースは1クラス最大10名(平均5~6名)の少人数グループで文法、会話、
読み書きとスペイン語のレベルアップを図ります。
世界中から集まった留学生たちの中で自分の同じくらいのスペイン語レベルの学生と一緒に
スペイン語でスペイン語を習います。
一般スペイン語コースは週20レッスンという授業数が一般的で学校によっては週25レッスン、
週30レッスンと授業数を追加することもできます。

授業は土日祝日はお休みなので、月~金曜日に行われます。
週20レッスンの場合、1日4レッスンを受講することになるので
受講時間の目安は9~13時または14~18時となるので、だいたい半日スペイン語の授業を
受けることになります。
また週20+4レッスンといった授業数の設定の学校があるのもスペインの特徴。
この「+4」のレッスンでは歴史や文学、芸術など文化的な側面からスペインやラテンアメリカのことを
学び、スペイン語の上達を助長することを目的としています。

一般スペイン語コースの他には学校によって下記のようなコースも開講されています。

・プライベートレッスン

先生と1対1のレッスンを行います。料金は一般スペイン語コースよりも高額ですが完全に自分の希望やレベルに合わせてスペイン語が学べます。
一般スペイン語コースとプライベートレッスンを組み合わせて、短期間で集中的にスペイン語をブラッシュアップすることもできます。
学校で授業を受講する他にスペイン語教師宅にホームステイをしながら、スペイン語レッスンを受講するものもあります。

・DELE検定対策コース

DELEはスペイン教育科学省認定機関であるセルバンテス文化センターが主催する検定試験でスペイン語レベルを保証するものとして国際的に認められている試験です。
スペイン語学校ではDELE検定日に合わせて、4週間程度の対策コースを開講している学校が多いです。
スペイン留学で身に着けた語学力の証明としてDELEを受験される方も多いです。

・ビジネススペイン語コース

スペイン語レベル中上級以上の方を対象にしてビジネススペイン語の授業を開講している学校もあります。その名のとおり、一般的なスペイン語とは異なりビジネスシーンで使われるスペイン語を身に着けることができます。

・インターンプログラム

スペイン語レベル中上級以上の方を対象にしてインターンのアレンジができる学校もあります。
スペイン語研修の一環として行われるものなので、お給料は支払われません。
実際に企業の現場に派遣されますので、生きたスペイン語を習得することができます。
インターン派遣先はそれまでの経験やスペイン語レベルを考慮して決定されます。派遣先としては観光業や飲食業などが多いようです。

・フラメンコレッスン

午前中は一般スペイン語を受講して、午後や週に2~3回程度フラメンコレッスンを受講することもできます。


5. 留学先の都市の選び方

留学先として人気のある都市はマドリッド、バルセロナ、サラマンカ、バレンシア、アリカンテ、セビージャ、マラガ、グラナダなどです。もちろんその他の都市に留学される方もいらっしゃいます。
スペインと一言で言っても国土は日本の1.3倍あります。
どの街に滞在するかによって経験できることも変わってきます。

そのため滞在する都市選びは留学プランを立てる際に最初に決めることをお勧めしています。
行ったことのないスペインの都市選びをするのは難しいことです。
そういった方のためにスペイン留学代行センターでは1人1人に合わせた都市選びを行っています。

暖かい街が良い
海辺の街が良い
治安の良い街が良い
放課後は観光も楽しみたい
予算はいくらくらいで抑えたい

など、お客様のご希望をしっかりとお伺いした上でピッタリの都市をご紹介しています。
1000名以上の留学をサポートしてきた実績と経験をご活用ください。

スペインの治安を心配される方もいらっしゃいます。
在マドリッド日本大使館の発表している邦人被害状況のほとんどがマドリッドまたはバルセロナです。
やはりこの2都市は観光地が多いのでスリや置き引きの被害に遭ってしまう方もいらっしゃるようです。

留学開始から1ヶ月くらい経つとすっかりスペインの生活にも慣れてきて気が緩んでしまう場合があります。そういった時にスリなどの被害に遭ってしまう留学生もいるので、自分は海外にいるということを忘れないようにしましょう。

スペイン滞在中は以下のような点に注意しましょう。


6. スペイン語学校の選び方

滞在都市が決まったら、次のステップはスペイン語学校選びです。

学校選びの際に覚えておきたいポイントは下記の7つ。


都市選びと同様に自分の希望に合った学校選びをお客様が行うのも大変です。

スペイン留学代行センターでは100以上のスペイン語学校と提携をしていて、実際に70以上の学校を訪問しています。その情報があるからこそ、1人1人のご希望の合った学校とコースのご提案ができるのです。
スペイン語学校のホームページやパンフレットだけでは分からないこともたくさんあります。これまでの留学サポート実績や経験があるからこそできる学校選びのアドバイスであなただけの留学プランを作成してください。


7. おすすめ学校ランキング

スペイン留学代行センターのお客様に人気があり、評判の良い学校をご紹介します。

1.Enforex 

スペイン国内10都市に校舎があるスペイン最大の語学学校。
複数都市の組み合わせや留学中に転校もできるので
長期留学希望者に人気。

2.コレヒオマラビーヤス

高級リゾート地として知られるコスタ・デル・ソル(太陽海岸)にある
ベナルマデナという小さな街にある学校。
校内には旅行会社も併設しているので、観光にも便利です。

3.clicセビージャ

フラメンコの本場、セビージャで一番人気の学校。
フラメンコを勉強したい人は留学開始後に
フラメンコ教室の相談もできるので人気。

4.エスパニョレ

スペイン第3の都会バレンシアの中心に2つの校舎があります。
国籍豊かなクラスでコミュニケーションを重視した
リアルなスペイン語が学べます。

5.アリカンテ大学語学教育センター

スペイン人学生も学ぶ広大なキャンパスの中でスペイン語が学べます。
インテルカンビオ(スペイン人学生との交流)も
盛んに行われている人気校。


最後に

いろいろとご紹介させていただきましたが、スペイン留学のイメージが湧いてきましたか?
スペイン留学代行センターでは
「留学を通して1人でも多くの方にスペインの魅力を知って欲しい!」
という思いでこれまでに1000名以上の方の留学サポートを行ってきました。
次はあなただけの留学でスペインの魅力を満喫して、スペイン語を上達させてください。
その先にはきっと1人1人違った道が開けてくると思います。

夢の実現のために次の一歩を踏み出してください!

まずは資料が欲しいという方は
スペイン留学完全マニュアルをご覧ください。
資料請求

より詳しい情報収集をしたいという方は
スペイン留学セミナーがお勧めです。
スペイン留学セミナーのご予約はこちら

これから6ヶ月以内にスペイン留学をしたいという方は
無料カウンセリングをご予約ください。
無料カウンセリングのご予約はこちら