スペイン留学中に病気になったら| スペイン留学代行センター
日本で一番詳しい留学情報誌 スペイン留学完全マニュアル無料プレゼント!

5、スペイン留学のトラブル 

スペイン留学中に病気になったら

スペイン留学で実際に現地に行った際には
やはり新しい環境ということで慣れないこともあり
適度な緊張感がしばらく続きます。

しかし、滞在生活を送るにつれ
徐々にスペイン留学の生活にも慣れ
緊張もほぐれてくるでしょう。
その緊張がほぐれた時、気の緩みから病気になることもあります。

例えば風邪をひいたり
熱が出たりすることもあります。

特に慣れない場所で病気になると
やはり困ってしまうのが病院探しや、薬だと思います。

そのようなときにはどうすればいいのでしょうか?

誰に相談?

まずは、ホームステイの場合
そのホストファミリーに相談するのがいいでしょう。

おそらく常備薬を置いていると思いますので
それをもらってしばらくの間様子を見るのも1つの方法です。

そういう意味ではホームステイというのは
こういう困ったときにすぐに相談できるのは大きな利点です。

では、学生寮の場合は
どうすればいいのでしょうか?

その場合は、学校に相談するのがいいでしょう。

学校が提携している病院などがあるかもしれません。

また、留学保険などに加入していれば
そこに連絡をしてアドバイスを受けることも可能です。

また、当然ですが薬などは
スペインでも流通していますが
体質にあわないものも中にはあるかもしれません。

そのため風邪薬や胃腸薬の他にかかりやすい病気があれば
出発の際に常備薬として持っていくことを強くお勧めします。


≪第四章:スペイン留学の最大のメリットは?    スペイン留学中に外出時に気をつけること≫

ご質問・お問い合わせはこちら