日本で一番詳しい留学情報誌 スペイン留学完全マニュアル無料プレゼント!

お申し込み後の諸手続き

3.ワーキングホリデービザ

3-1. ワーキングホリデービザとは

休暇を過ごすことを主な目的として、スペインでの滞在が許可されるビザです。

ビザ申請書はスペイン大使館領事部から取り寄せてください。
直接スペイン大使館領事部まで取りに行くか
メールアドレスにご請求いただくとメール添付で送ってくれます。

在日スペイン大使館領事部
〒106-0032
東京都港区六本木1-3-29
Tel:03-3583-8531 Fax:03-3582-8627
申請・受領時間:月~金曜の9:30~12:30
(土曜、日曜、祝祭日は閉館)
メールアドレス:emb.tokio.info@maec.es

スペイン大使館のホームページからもダウンロードできます。

3-2. ワーキングホリデービザ申請必要書類・条件等

ワーキングホリデービザの申請に当たっては下記の書類が必要となります(2017年8月現在)。

  • 査証申請書
  • 本人出頭(2回)
    申請者本人が、必ず大使館に出頭の上、申請・受領する。
    郵送申請・受領不可。本人が日本国外にいる場合は申請不可。
  • 写真(4.5×3.5)1枚
    カラー写真で背景は白色、申請書の右上に貼付すること。
  • パスポートとコピー1部
    スペイン入国から1年以上有効のもの。余白ページ最低2枚要。
  • 住民票(発行から90日以内のもの)
    申請時点で日本に3か月以上居住していること。
  • 航空券の予約
    1年オープンの往復の航空券の予約、もしくは往路のみの航空券の予約。
    往路の予約のみ提出の場合は、復路の航空券代を下記残高証明書の金額に
    プラスすること。
  • 経済能力の証明
    月額532.51ユーロ相当額以上、最低でも最初の3か月分の1597.53ユーロ
    相当額以上のスペインでの滞在費を支弁する能力を証するものとして下記のうち
    いずれかを選択
    • 残高証明書(和文でも可)
      金融機関もしくは郵便局が発行(押印されていないものは不可)
    • 本人名義の銀行通帳のコピー
      (通帳の表紙及び現在までの数か月間の出入金記録のコピー)
  • 健康診断書
    大使館作成のひな型に基づいて、医師が記入、署名し、医師及び病院印
    (別々の印)が捺印された最新のもの(発行日より1ヶ月以内のもの)。指定病院なし。
  • NIE(外国人登録番号)申請のための申請書EX-15
    ワーキングホリデービザ申請と同時に、NIEの申請が必要。
  • NIE申請費1,155円
  • ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
  • 返信用定型封筒
  • スペイン滞在の最初の期間の宿泊証明書
    上記1~12までの書類の補足書類として提出することも可能。

必要日数:約8週間

3-3. 記入例

下記は2017年8月現在の情報です。
これらの情報は予告なしに変更になることがあります。
ビザ申請の際は、スペイン大使館から必ず最新情報を入手してから行うようにしてください。



≪記入例≫
PDFで表示する
≪ビザに関するよくある質問と記入例   海外旅行保険≫
目次に戻る

ご質問・お問い合わせはこちら